モビット審査に通るにはコツがある!申し込み前に
>増額申請してことわられた!モビットで審査が通らない理由

増額申請してことわられた!モビットで審査が通らない理由

モビットを利用していて、「限度額をもうちょっと上げてほしいな~」なんて思った経験、ありませんか?そう、限度額は上げてもらうことが可能なんですよ!しかし、お願いすれば、誰でも増額してもらえるわけではありません。(参考ページはこちら→モビット増額で基本的に必要な事とは

増額申請したのに、ことわられてしまったらショックですよね。でも、断られるには必ず理由が存在します。増額したいのに断られる・・ここでは、そんな理由の数々を見ていきたいと思います。あなたが断られた理由もこの中にきっとあるはずです。
(⇒審査に通らないケースというものを考える

モビットってどんな消費者金融なの

モビットとは、三井住友銀行グループの中にある、消費者金融のことです。若者を中心に、とても人気のある消費者金融ですが、人気があるにはもちろん理由があります。いちばんの理由は、気軽にすぐ利用できるということではないでしょうか。
(⇒モビットは銀行のグループなのも安心です

ひと昔前は「借金=悪」のイメージがあったと思いますが、最近はまったくそのようなことはなく「ちょっと必要になったら、手軽に借りることができ、余裕があるときに返済する」という、お手軽感覚で利用する人が増えているようです。

確かにキャッシングは、借金のことではありますが、昔のように「借金するのは後ろめたいこと」というイメージがなくなりつつあるようですね。賢く利用すれば、こんなに便利なものはない、というくらい生活に浸透しているように思います。

モビットは、そんな人たちを応援すべく、「お客様の困ったを解決する」というイメージで、サービスをおこなってくれています。モビットは、臨機応変に融通が利く消費者金融です。「人気があって当たり前」な消費者金融です。

キャッシングを受けるための条件とは

そんなモビットでのキャッシング、受けるためには条件があります。いくら融資してくれるからといって、限度額なしに貸してくれるわけではありません。やはり、いくつかの制限があるわけです。ここでは、モビットの条件についてまとめてみました。

融資額 最大800万円まで
金利 3.0%~18.0%
総量規制 対象なため年収の1/3が上限
申し込み方法 ネット・スマホ・電話・ローン申込機など
融資時間 最短即日融資
契約形態 極度借入基本契約
対象年齢 20歳以上69歳以下
収入 安定継続収入のある人
担保・保証人 不要
貸付の方法 ATM・振込
返済の方法 ATM・振込・口座振替
返済回数・返済期間 最長8年10ヶ月 (最大106回)
返済支払日 毎月5日・15日・25日・末日のどれか

審査で決まるキャッシングの限度額

モビットの融資額は、最大で800万円となっています。キャッシングを考えている人であれば、自分はどの程度まで借りられるのか、融資額はどうやって決まるのか、気になるところではありますよね。

まず、貸金業である消費者金融は、総量規制の対象なので、借りられる上限は、年収の1/3までと決まっています。モビットも消費者金融なため、総量規制の対象となることを念頭においておきましょう。自分の年収の1/3が融資の上限になります。

すなわち、年収が300万円であれば、モビットで借りられる上限は100万円ということになります。融資額の最大が800万円だからといって、800万円借りられるわけではありません。800万円借りるのであれば、年収が2400万円ないとダメですよ。

自分の年収の1/3が上限ということになり、さらにそこからモビットが審査をして、融資額が決定します。気をつけてもらいたいのは、初めてキャッシングを申し込んだ人は、いきなり高額な融資を期待してはいけない、ということです。

初めての人は、まだモビットとの信頼関係が築けていませんよね。本人の属性情報に問題がないとしても、信頼できる人かどうかというのは、判断できかねないので、初めての人に対しては、たいてい低めの融資額になると思ってください。

初めて申し込んだ人の多くは、10万円~30万円の融資額になるようです。多くても50万円程度だと思われます。申し込み時にいきなり高額の融資を希望すると、審査に落ちてしまう場合があるので、そこそこの金額にしておきましょう。

そこそこの金額というのは、30万円程度ということですね。モビットと信頼関係が築けたら、増額してもらえばいいわけです。最初はそんなに慌てないほうがいいでしょうね。

増額っていったい何のこと

キャッシングで「増額」という言葉、聞いたことがあるかと思います。増額とは、今現在の融資額を上げてもらうことになります。例えば、現在の融資額が10万円で、30万円まで増やしてもらいたい場合は、増額の依頼をすることになります。

ただし、増額の依頼をすれば、単に金額を増やしてくれるというわけではなく、もう一度審査をすることになります。初めて申し込んだときと同じような審査だと思っていいでしょう。

この増額ですが、依頼をしなくても、金融機関から「増額しませんか?」と、持ちかけられる場合もあります。金融機関から持ちかけてくる場合は、取引が1年程度過ぎてからになることが多いようです。ここまで待つのもひとつの手ではありますね。

増額してもらうにはどうすればいいの

モビットで融資額を増額してもらいたい場合は、オペレーターが対応しているコールセンターへ電話をかけて依頼します。電話番号は、フリーダイヤル0120-24-7217です。営業時間は、9:00~21:00までです。

オペレーターが対応してくれるので、増額してもらいたいということを伝えます。別途審査がある旨、説明してくれるはずなので、そのままオペレーターの指示に従えば問題ありません。

気を付けないといけないのは、再審査があるので、必要書類は必須ですよ。本人確認書類や収入証明書は必要となるので、スムーズに審査を受けるためにも、事前に準備しておくことをおすすめします。

増額申請したのに断られた!その理由とは

モビットで増額の申請をしたのに、断られてしまった!という人もいるかもしれません。せっかく申し込んだのにショックですよね。実は、増額の申請をしたからといって、誰でも融資額を増やしてくれるわけではありません。

増額申請したのに断られてしまった!その理由として考えられることを挙げてみました。

  • 収入が減ったもしくは無くなった
  • 返済が滞っている
  • 他社からの借入れが多い
  • 利用実績の期間が短い
  • 申し込んだだけで利用実績がない
  • 個人の属性に変更があったのに申告していない

収入が減ったもしくは無くなった

融資額を増やしてもらいたいのに、本人の収入が減ってしまった、もしくは無くなってしまった場合は厳しいでしょう。最初に決定した融資額というのは、その時の収入を元に決定されているわけなので、収入減だと増額はできないと思ってください。

増額を申請したときの再審査では、もちろん収入証明書の提出が必要となります。このとき、収入があまりにも減っていれば、さすがに増額はしてもらえません。無職になっていれば、増額どころか減額されてしまう可能性もあります。

収入が減ってしまった場合は、増額するのではなく、現状の融資額が減らされないだけマシだと思っていたほうがいいでしょうね。現状維持でいたほうがいい、ということになりますよ。

返済が滞っている

モビットでのキャッシングを利用していたとしても、返済をきちんとしていないと、増額申請をしたところで、審査に通るとは思えません。「返済が滞っている人=信頼できない人」に対して、増額してくれるはずはありませんよね。

金融機関との付き合いは、信頼関係がいちばん大事なことです。その信頼関係が崩れてしまったのでは、増額もなにもあったものではありません。返済をきちんとしておく、というのは、最低限のマナーだと心得ておきましょう。

他社からの借入れが多い

モビットだけではなく、他社からの借入れが増えている人もちょっと厳しいでしょうね。まずは、他社からの借入額をチェックするはずです。他の消費者金融から借り入れている人は、総量規制に引っ掛からないかどうかがポイントになります。

さらには、「他社から借入れができなくなったから、増額を希望しているのでは?」と、疑われてしまうことも考えられます。あまりにも他社からの借入れが多い場合、増額の再審査に通らない可能性大だと思っておきましょう。

利用実績の期間が短い

モビットでキャッシングを申し込んで、すぐに増額申請したとしても、審査に通らない場合があります。これは、モビットとの間での利用実績が短いということで、信頼関係が築けていないのが原因だといえるでしょう。

最低でも半年、できれが1年程度は利用実績を積んでおかないと、増額の申請をしたところで、審査に通るとは思えません。申し込んですぐというのはやめておきましょう。

申し込んだだけで利用実績がない

モビットでのキャッシングを申し込んだのに、利用実績がまったくない場合も審査には通らないでしょう。「キャッシングを利用していないのに、なぜ増額?」と、不思議に思われるはずです。利用していないのに、増額の必要はないですよね。

そのため、利用実績がまったくない人、もしくは利用回数が極端に少ない人に対しては、増額してもらえる可能性は少ないでしょう。本来、利用していないわけなので、増額なんて必要ないと思われるのがオチですよ。

個人の属性に変更があったのに申告していない

「転職した、引っ越しした、電話番号が変わった」など、個人の属性に変更があったのに、モビットに申告していない人、というも敬遠されてしまいます。はっきり言って信頼できる人ではありませんよね。

増額の審査で発覚した場合は、なおさら信頼関係にひびが入ると思ってください。属性に変更があった場合は、増額の申請をする前に、きちんとモビットに申告しておかなければいけません。意外と忘れがちなので、注意するようにしましょう。

どうすれば増額できるの?

では、増額申請の審査に通るためにはどうすればいいのでしょうか。モビットからの信頼を得ることが、もっとも大事なことだといえるでしょう。信頼を得るためには、以下のような条件を満たしていることが必須ですよ。

項目だけ見てみると、増額の申請をしたのに、審査に通らなかった人と逆だといえます。なぜこのようなことが必要なのか、じっくり読んで納得してください。

  • 収入が増えた
  • 返済をきちんとしている
  • 他社からの借入れをしていない
  • 利用実績の期間が最低1年以上ある
  • 定期的に利用実績がある
  • 個人の属性に変更があったことを申告している

収入が増えた

収入が増えた人は、「融資額を増やしてもいいでしょう」と、判断されやすいでしょう。一概には言えませんが、収入を元に融資額を判断している金融機関は、たくさんあります。そのため、比較的増額の審査に通りやすいはずです。

もちろん、「収入が増えた」と、口頭で説明するだけではだめですよ。収入が増えたという証明である、収入証明書の提出が必要となるので、あらかじめ準備しておくようにしましょう。

返済をきちんとしている

モビットでのキャッシングを利用し、返済を約束通りきちんとしている人、というのは、信頼してもらえる人といえます。そのため、「増額したとしても大丈夫でしょう」という判断してもらいやすくなるため、返済だけは絶対に遅れてはいけません。

問題なく返済さえしていれば、それだけで「優良顧客」と判断してもらいやすくなります。1度でも返済が遅れると、なかなか増額審査には通りにくいので、ここは完璧に返済しておく必要があるといえるでしょう。

他社からの借入れをしていない

モビットでのキャッシングを定期的に利用しており、他社からの借入れがない人は「モビット一筋」と判断され、モビット側にとっては、大事な顧客となりうるでしょう。優良顧客への第一歩ですね。

新たに他社から借入れをするのではなく、モビットでの増額を希望していることになるので、モビットにとってはありがたい顧客ということになります。ありがたい顧客は留まらせておきたいので、増額の審査も通りやすいはずですよ。

利用実績の期間が最低1年以上ある

モビットに限らず、キャッシングをおこなっている金融機関が、顧客との信頼を得るためには、最低でも半年、できれば1年程度は付き合いがないと判断しかねるものです。そのため、モビットでの利用実績が1年程度あれば、増額の審査は通りやすいはずです。

もちろん利用実績だけはではなく、きちんと返済していることが条件となりますが、あまりにも利用実績が短いと、信頼できるかどうかの判断が難しいため、厳しくなるでしょう。

増額申請をするのであれば、モビットを利用してから1年くらい経ってからをおすすめします。むしろ、利用しはじめてから半年以内は、増額申請は考えないほうが無難かもしれませんよ。

定期的に利用実績がある

モビットでキャッシングを申し込んだ後、定期的に利用実績があることも、大事な条件となります。定期的にキャッシングを利用していることで、優良顧客との判定がもらえます。モビットとしては、キャッシングしてくれないと商売にならないわけですよ。

そのため、年に数回利用しただけの人よりも、毎月定期的に利用してくれている人のほうが、モビットにとっては優良な顧客、ということになるわけです。

個人の属性に変更があったことを申告している

個人の属性とは、「勤務先が変わった」「住所が変わった」「電話番号が変わった」などのことです。このような個人の属性が変わったとき、きちんとモビットに申告していますか?きちんと申告してくれている人というのは、信頼してもらえることになります。

増額申請の審査で発覚してしまうと「虚偽の申告」と、受け取られてしまう場合があります。「うっかり忘れていた」では、通用しないので、増額申請の前に属性が変わっていないかどうか、確認することが大事ですよ。

もし、属性に変更があった場合は、増額の申請をする前に、属性に変更があったことを申告しておくようにしましょう。増額申請の審査で必ず発覚してしまうので、その前に自ら申告する、というのが大事だといえます。

増額の申請で逆に融資額を減らされる?

気を付けてもらいたいのは、「増額してもらいたいから申請したのに、逆に減らされてしまった!」という場合です。あり得ないと思うかもしれませんが、実際はこのようなことはあります。減額されてしまっては踏んだり蹴ったりといったところですね。

増額の申請をおこなうと、必ず審査があります。その審査によっては、「現状の限度額は多すぎる」と、判断されてしまう場合があるわけです。理由はいろいろ考えられますが、「収入が減った」「返済がされていない」などの場合でしょう。

「増額には審査がある!」ということを、頭に叩き込んでおいてください。「返済が遅れがちな人」「他社からたくさん借りてしまった」など、自分に思い当たるフシがある人は、増額申請しないことをおすすめします。

増額の審査に通らなかったとしても、融資額が現状維持になるとは限りませんよ。減額される可能性もあるということを覚えておきましょう。優良顧客でない限りは、増額の申請はしないことですね。

モビットから増額をお願いしてくることがある?

ビックリすることですが、これ、あり得ます。自分から増額の申請をしていないにも関わらず、モビットから「増額しませんか?」という、お知らせが届くことがあるんですよ。

これは、完全に「優良顧客」となった証です。定期的にキャッシングを利用しており、返済も問題なく、取引期間も1年以上経った人に多くみられるようです。モビット側にしてみれば、「優良顧客なので、増額してもっと利用してもらいたい」ということでしょう。

本来であれば、自分から増額申請をしなければいけないのに、モビット側からお願いされると、なんだか嬉しいものですよね。モビットから、増額の依頼が届くのを待ってみるのもいいかもしれませんよ。

キャッシングの心得

増額云々だけではなく、キャッシングを利用するということは、モビットに対して信頼してもらうことが大事だといえるでしょう。信頼してもらっていないのに、増額なんて考えてはいけません。

ただし、きちんと返済をして、定期的に利用して、完全に信頼してもらえさえすれば、モビットは増額してくれますよ。そのあたりは柔軟なので、増額の希望に問題なく応えてくれるでしょう。増額できるか否かは、自分の行動次第ってことですね。

増額の申請を考えている人は、「自分が増額してもらえるだけの人」なのかどうかを、きちんとチェックしてから申し込むようにしましょう。少しでも不安がある人は、減額の可能性もあるので、よく考えてからにしたほうがいいですよ。(参考ページはこちら→融資額を減額されてしまうケース

【参考ページ】
有事の増額が出来る人と出来ない人の差とは?

トピックス
ページトップへ