モビット審査に通るにはコツがある!申し込み前に
>モビットで仮審査は通っても本審査で否決されるのはどんな時?

モビットで仮審査は通っても本審査で否決されるのはどんな時?

消費者金融の中でも大手と言えばモビットです。そんなモビットを利用する人は、大手消費者金融を利用する人よりも収入などが低い利用者が多く申し込みをします。
(⇒モビットの審査とは?

モビットの審査は、大きく分けて仮審査と本審査というものに分かれています。仮審査は、身分証明書類による審査だけとなることが多く、ここでふるい落とされるのは、住所不定者や、情報の確認が取れないような人のみです。
(⇒融資審査で必要な書類をチェック

仮審査では、契約者が自分の情報を嘘などを書かずに正直に記入していれば、ほとんど落とされることがないといってもいいぐらいの難易度しかありません。問題なのは、この仮審査を通過したあとに行われる本審査です。

本審査は、これまでの仮審査とは異なり、この契約者それぞれの具体的な考査に入ります。今回は、モビットの仮審査には合格したのにこの本審査で落とされるのはどういった時なのか、また、どんな人が審査で優先的に落とされていくのかを解説していきます。
(⇒モビットの基本的な審査の仕組み

モビットの本審査の内容とは?

消費者金融では、本審査で行う審査内容が企業によって違います。違うといっても、どの金融業者でも確実にチェックされる項目はありますが、金融業者ごとに重視するものが違うのです。

例えば、ある消費者金融では、利用者の過去の返済実績を優先する審査であり、職業や年収よりも金融トラブルの有無を最優先していたり、またある金融業者では、返済能力を図る最も重要なファクターを年収ではなく勤続年数と考えている場合などがあります。

つまり何を以て契約者の信用とするかは、金融業者ごとに微妙に異なるのです。

重要視される項目の具体的な調べ方

消費者金融が、審査の時に何を最優先しているかをある程度事前に判断することができます。インターネットにホームページを掲載しているどの消費者金融であっても、そのページ内に、簡易診断があります。その中で要求されることが最も重視されるものです。

モビットの例で見ていきましょう。モビットのページには、借り入れのシミュレーションページがあります。それを開くと、生年月日、現在の収入、他の金融業者からの借り入れ額を記入するように求められます。職業や勤続年数は求められません。

つまり、モビットの本審査で審査において重要な意味合いを持つのは、どの職業であるかよりも収入の具体的な金額であるということ、そして、過去の返済実績よりも「今現在」の時点において、ほかの借金がどれくらいあるかということなのです。

審査で落とされるのはどんな人か?

消費者金融がそれぞれ重視するものがあり、それに適した申込者を優先して選別するということはわかりましたが、当然のことながら、それだけで借り入れが可能か否かを判断しているわけではありません。

審査に落ちた人の中には、どうして自分が落ちたのか全くわからないという人もいると思います。それは理解力がないという話ではなく、自分の返済能力を客観的に判断しても、審査ではじかれる要素が見当たらないということです。

そういった一見、借り入れに問題なさそうな人が何故審査に落ちるのかを考えていきます。

審査を行う際に消費者金融が最も重視するであろう項目は、どの金融業者でも決まっています。言うまでもなく年収です。これだけは、重視するもの関係なしに、どの金融業者も必ず審査対象にしています。

当然、あまりに当たり前すぎるため、利用者も審査を受ける際には、自分の年収を基準に借り入れ額などを決定することが多いでしょう。あまりに自身の収入よりも多い借金を希望しても、審査で断られるのは、ほぼ確実だからです。

審査における年収の認識の差

意外かもしれませんが、借り入れの申し込みで落ちた人の中で、純粋に収入と借り入れ金額の釣り合いが取れていないという理由で落とされた人はそれほど多くいないのが実情です。収入は契約者側でも十分意識されているのです。

では、収入以外のどんな要素で審査に落ちることが多いのでしょうか。消費者金融の借り入れ審査において最も落ちる原因として多いのは、「他の金融業者からの借金がある人」です。つまり、自分の収入ではなく、他の借金の有無から判断されているのです。

他の消費者金融からの借金が審査に与える影響

通常、審査を受ける人たちが気にするのは、自分の収入と職業、そしてどのくらいの期間働いてきているか、そして過去に借金関係のトラブル(延滞行為や滞納行為)を起こしていないかどうかです。

そして、安定した収入(正社員やアルバイト、派遣社員などの職業形態)をもっているかどうかであることが一般的です。他の金融業者について考える人であっても、現在返済が問題なく行われていれば、特にマイナスになることはないだろうと考えていることが多いです。

しかし、近年その考え方が変わってきました。

過去の現在における他社からの借り入れの影響

一昔前までは、ほかでどれだけ借金があろうとも、その全ての借金の総額が、総量規制の基準内に収まっており、かつ、返済過程に問題がなければ、審査の際に取り立ててマイナス要因として働くことはありませんでした。

しかし、消費者金融が広く認知されるようになった現代では、自己破産や多重債務といった借金関連のトラブルが起こると、インターネットの普及も相まって、その情報が一気に拡散してしまうようになりました。

たとえ問題を起こした原因が契約者自身であったとしても、多重債務問題を起こした消費者金融というレッテルを貼られると、利用者が敬遠し、業績に多大な悪影響を及ぼすリスクがあると消費者金融に判断されるようになりました。

その結果、リスクを嫌った大手の金融業者は、「返済過程にかかわらず、他の複数の金融業者から借り入れを一定額以上している者」に対して、より厳しい審査を行う、あるいは基準を超えた場合に借り入れ自体を不可能にする経営方針に変更したのです。

借り入れ利用者が他の借金について知っておくべきこと

この、ほかの消費者金融からの借金というのは今までさほど重視されていなかった項目であるため、利用者側が再認識しておかなくてはいけない項目になったのです。

単に収入や勤続年数だけで判断されていた時代は終わり、これからは、その人自身にどのくらいの借金が他にあるのかということが、今まで以上に問題になることが多くなったということなのです。

契約を申込みするときに、いくら本人の信用が高いと返済能力で判断されても、複数の金融業者から借り入れをしているような場合、本審査において弾かれる危険性が高いのです。

特にモビットは、診断シミュレーションでも、職種は問わなくても他の金融業者からの借り入れ額の記入を求めるタイプの消費者金融なので、よりその傾向が顕著である可能性が高いです。

逆に言えば、多少収入が低くても、ほかの金融業者などから一切の借金がなければ、意外と審査を通過することもできる可能性が高いということでもあります。

本審査に落とされないためには

モビットの例に限らず、金融業者からお金を借り入れしたいと考える場合、一番借り入れをしやすくするのは、その金融業者が何を求めているのかを理解した上でその条件を満たせる場所を利用するということです。

わかりやすく言えば、相手の欲しがっている要求をみたせる金融業者を見つけることです。「大手だからここにする」とか「近いからここにする」といった短絡的な選び方ができるのは、本当に優良な契約者だけです。

審査に落とされないことを最優先して選ぶのであれば、対象の金融業者が何を重視しているかを考えることが最も重要です。
(⇒金融業者には違いがあって当然です

単に年収を上げるということは、そう簡単にできることではありません。しかし、ほかの借金を返済してから借り入れを利用するということぐらいは出来るでしょう。また、住宅ローンや自動車ローンは、短期の借り入れ審査において重視されません。

長期ローンに対しての消費者金融の考え方

これらの長期ローンは、商品の購入のためにローンを組むのが当然と考えられており、複数の借金の一つとしてカウントされないことが一般的だからです。しかし、ちょっとした借り入れなどでも、新規の契約の際にはかなり重要な意味を持ちます。

新しく借り入れをするのであれば、最低でも今までの借金の整理くらいはしておくべきでしょう。そうすることによって、審査で落とされる可能性を減らすことができ、上手く管理すれば、新たに借金をする必要すらなくなるのかも知れないのですから。

【参考ページ】
融資審査を受ける理由について考える

トピックス
ページトップへ