モビット審査に通るにはコツがある!申し込み前に
>時間がない!モビットなら急いで借りる審査と手続き方法がある!

時間がない!モビットなら急いで借りる審査と手続き方法がある!

モビットに関するネットでのクチコミを見ていると、「助かりました」と感謝を綴っているものが多い反面、「審査の時間がかかりすぎ」という声も見受けられます。

これはモビットに限らず、どこのカードローンでも共通している傾向なので、「モビットだけがそうだ」と勘違いをしないように。そして、「急ぐなら急ぐなりの手続きをする手間は必要になる」ことくらいは常識として覚えておきましょう。
(⇒モビット審査の実際のところとは?

急ぐならそれなりの手続きが必要

ここ10年くらいの間に急成長を遂げたインターネットやモバイル・スマホの世界。「FAXって便利だね~」「ポケベルは必需品だよね」と言っていたのがわずか20~25年前ですから、情報伝達の分野がいかに急成長しているのかがわかります。

カードローンもネット申込み時代

情報通信網の発達により、各家庭あるいは1人1台パソコンや携帯、スマホなどを持つようになった今、カードローンの申込み方法もネットやモバイルから24時間申込みができるようになりました。(参考ページはこちら→ほとんどの金融業者がネット申し込み完備です

モビットはそれらを活かした企業のひとつで、以下のような特徴を持っています。

  • 有人店舗がない
  • WEBで完結する申込み方法がある
  • 会員サービスもネットにアクセス

大手の消費者金融各社も有人店舗を減らしつつありますが、1店舗もないのはモビットくらいでしょう。創業から間もないため、最初からインターネットなど通信媒体に特化した取り組みができたのが、その大きな理由といえます。

有人店舗で即融資は不可能

モビットへの申込みと手続きは、次の中から選ぶことになります。(参考ページはこちら→融資の申し込み方法は好きなものを選んで良い

  • パソコン(インターネット)
  • 携帯(モバイル)
  • スマートフォン(アプリもある)
  • 電話
  • ローン申込機
  • 郵便

他社にある「店舗へ来店」は存在しません。店頭での申込みは、その場で申込み(記入と質疑応答)→審査→契約→融資のできるのが魅力ですが、モビットには店舗がありませんから、それは不可能だということになります。

そのために上に掲げた申込み方法があるわけですが、「ネットで申込めば必ず即日融資」といかないことは皆さんも想像がつくでしょう。

モビットで急ぎ融資を受けるには

では、モビットで急ぎ、特に即日融資を受けるにはどうしたらいいのでしょう?答えは簡単。申込みにもうひと手間加えるだけでいいんです。

モビットにおける最速の方法

モビットに「自分は急いで融資を受けたい」と意思表示をするには、ホームページから申込み、その後フリーダイヤルで「急ぎでお願いしたい」と伝える。難しくも何ともない方法でいいんです。その電話を受け、モビットは即審査に入ってくれます。

審査結果はモビットのコールセンターから電話で通知されます。可決であれば、そのまま会員登録を行い、融資を受ける方法を次のどちらかで選択します。

  • 指定口座に振込
  • ローン申込機でカード受取後、ATM出金

行動範囲内にモビットのローン申込機があればカード発行という方法も選べますが、遠くにしかないのであれば、迷わず振込融資を選択することになるでしょう。

タイムリミットに要注意

上の融資を受ける方法で「指定口座に振込」を選ばれた方は、『午後2時50分までに振込手続きまで完了』しなければなりません。早い話が契約手続きを済ませるタイムリミットがあるということです。

これはモビットに限らず、どこの金融機関でも共通していることなので、急ぎ融資を!と思われる方は早め早めに手を打つように心がけましょう。

ネットなどの申込みから審査結果が出るまで最短で約30分。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。そこから会員登録や振込手続きがありますから、遅くても午前中には申込みをしておくのが理想ですね。

他のカードローンでは、「契約手続きを午前中に完了」というさらに時間の短いものも多数存在します。午後2時50分という設定は、かなりギリギリまで受け付けてくれている方です。なので、より早めに手続きは終わらせるように行動することをオススメします。

ローン申込機が身近にあると便利

モビットのローン申込機がご自宅やお勤め先の周辺にある方は、振込よりもこちらを選択した方が時間的余裕をもって行動することが可能になります。カードを受け取れさえすれば、そのままATMへ出向いて出金できる魅力があります。

モビットのローン契約機営業時間

モビットは全国に約350台の自動契約機を設置しています。さらにモビットの発表によればその数も毎月増えている途中の段階です。設置場所によって営業時間は異なりますが、概ね朝9時~夜9時までとなっているので、会社帰りに立ち寄ることもできるでしょう。

また、会員登録を午後2時50分までにという時間的制約もコールセンターが営業している午後9時までになるので、より落ち着いて手続きをすることができます。

申込機へ出向くときの注意点

夜遅くまで稼動しているモビットのローン申込機ですが、出向く際には入会手続時に電話またはメールで伝えられた「予約番号」と身分証明書(免許証や健康保険証など)を必ず持参して下さい。

WEB完結はこんな方にもオススメ

業界で初めてWEB上で審査から契約手続きまでを完了させ、在籍確認の電話も契約書類やカードの郵送もなしという画期的なシステムを採用したとされるモビット。この「WEB完結サービス」も活用できます。

WEB完結の基本条件

モビットの「WEB完結サービス」を利用するには、以下の条件をすべてクリアしていることが条件となっています。

  • 在籍確認として、社会保険証や共済組合保険証を持っている
    (国民健康保険は勤務先が判らないので不可)
  • 三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っている
  • 身分証明書として、「運転免許証」か「パスポート」を提示できる
  • 収入証明書として、以下のいずれかを提示できる
    ・源泉徴収票
    ・税額通知書
    ・所得証明書
    ・確定申告書
    ・直近2ヶ月の給与明細書

WEB完結と即日融資

モビットの「WEB完結サービス」は契約後の取引もカードレスで、すべてWEB上で行なうことになります。従って、即日融資を希望する場合も「午後2時50分までの登録&振込手続き完了」が必要となります。

「それなら指定口座に振り込んでもらうのと変わらないじゃないか」と言われそうですが、「WEB完結」には「電話連絡なし」という最大のメリットがあるんです。

それは、「平日昼間に営業していない会社もある」ということ。どんなに急いでいても所定の審査は行われますから、在籍確認の電話審査も当然行われます。そのとき、会社やお店が営業前だったとしたら、「確認が取れない」という問題が起きますよね?

それを回避できるのが、「WEB完結」の良い所です。平日が休業日の理美容院や夕方まで誰もいない飲食店にお勤めの方などにとっては、この問題が解消されます。営業時間外ですから、自分も余裕を持って申込みに集中できますし、一石二鳥ですね。

カードレスかカードありかの選択

「WEB完結」はカードレスの取引になるとお伝えしました。つまり、その後の取引も口座振込での利用となります。24時間カードを使ってATMで…という方法よりは、事前に余裕を持った手続きをしなければいけなくなります。

その上で、審査で電話もなく、郵便物も送られてこない「WEB完結」で申込むか、通常の審査で発行されるカードローンとして申込むかを選択することになるでしょう。
(⇒郵便物無しの融資はメリット?

自分の使いやすい利用方法はどちらなのかを充分考えて、通常申し込みで急ぎと伝えるか、「WEB完結サービス」を活用するかの判断をして下さい。

トピックス
ページトップへ